あなたが働きやすいと思える 環境を整えています。:・平成22年12月に床暖房を備えた事業所内保育所を新設して子育てを支援 (保育料の補助あり)・正職員の短時間勤務や時間単位年休(年間最高40時間)も充実

ホーム > 先輩看護師からのメッセージ

先輩看護師からのメッセージ

北4病棟 看護師主任

『自分の子供が近くにいる環境で、仕事と私生活を充実させています』

松藤 現在、私は回復期病棟に勤めています。
急性期病棟から移られた患者さんがリハビリを重ねるうちに少しずつ回復され、元気に退院される姿や笑顔をみることが嬉しく、やりがいを感じております。
また、退院された患者さんが、わざわざ病棟に遊びに来ていただけることもあり、患者さんの元気な姿をみるとさらに嬉しくなります。
今後は、個人のスキルアップとして摂食・嚥下障害看護認定看護師の取得も目指して勉強に励みたいと思っています。

実は、入職当初は准看護師でしたので、看護師の資格取得を目指して午前は勤務、午後は学校と両立できるか不安でした。
実習がある際は、勤務との両立で苦しい時期もありましたが、先輩スタッフの協力で乗り越えることができ、看護師の資格を取得することができました。当院の教育制度、先輩スタッフには、本当に感謝しています。

私は妻と共働きなので、当院の敷地内にある保育園を利用しています。
近くに子供がいて、私の勤務状況に応じて預かってもらえるので、安心して仕事に打ち込むことができ、本当に有難い環境です。
また、保育園では、子供を預けるだけでなく、子供の躾や教育にも力を入れて取り組んでいるので、日々の成長が実感でき、安心して預けることができ、嬉しく思っています。

教育体制、育児支援など、仕事と私生活を充実するための制度が整っているので、ワークライフバランスを考える方には最適な病院です。
活気があり、明るいスタッフばかりなので、ぜひ私たちと共に働きませんか。

外来 看護師主任

『看護ケアについて追求し専門分野を確立する』

平島 私は、院内、院外の研修に参加したり、学会で発表したりすることで得た知識や技術が患者さんの看護ケアに結びついた時に、「勉強して良かった」、「もっと頑張ろう」という思いを持ちます。
さらに患者さんから笑顔で「ありがとう」の言葉をいただいたときには、この仕事のやりがいを感じることができます。

私は患者さんへ看護を提供する上で、患者さんとのコミュニケーションが重要だと考えています。
このコミュニケーションを充実させるためには、私生活から得られる何気ない情報が、患者さんと打ち解けあえる最も重要な話題となります。
私生活で得られる情報は仕事に生かされていると感じますので、どのようなことでも積極的に行動し、様々な情報を吸収することに努めています。
今後は、様々な情報や学習から得た知識を活用しながら看護ケアについて追求し、自分の中で専門分野を確立したいと思っています。
専門分野を確立することで、患者さんや病院のお役に立つことができるように努力したいと思います。

当院は、教育体制がしっかり整っています。
また、看護研究やTQM、学会発表に対して評価があり、みなさんが活発に活動に参加しています。教育体制も、年々、目に見える形で充実してきています。さらに、働き続けることができる支援体制や復職される方への支援体制も整備されてきています。

このように、制度面でも充実してきていますので、自分のライフスタイルやキャリアステップに応じて働くことができる病院と自信を持ってお勧めできます。
スタッフが元気で明るく、気持ちよい挨拶が溢れる当院で、みなさんも一緒に働きませんか。

久留米医師会看護専門学校出身者からのメッセージ

緑生館看護学校出身者からのメッセージ

杉森高等学校出身者からのメッセージ

八女筑後看護専門学校出身者からのメッセージ

有明高等学校出身者からのメッセージ

ページ上部へ